げっちょ虫
 
     
 



Show by Oct/28/2007

空・・・「げっちょ虫」

遠い 遠い 空を見上げて
僕はいつも 溜息をついていたよ

吐き捨てる言葉は 
投げやりな言葉と 愚痴ばかり

いつも いつも 自分自身に問い掛けていた
僕は一体何をしているんだ? ・・・ と

答えは何ひとつ 見つからない まま
何ひとつ 見つけきれない まま
また 長い 長い 夜が明ける・・・

繰り返す 日々の暮らしの中で
ただ 僕は 遠い 遠い 果てのない
空を 見つめていたよ

季節は移り変わっているのに
確実に 時は過ぎているのに
何も見つけきれないままの
何ひとつ 変わる事の出来ないままの
そんな僕が やっぱり
遠い 遠い 空だけを 見つめているよ・・・



Sep.28(Fri)09:42 | Trackback(0) | Comment(2) | ☆ 詩・作詞 | Admin


(1/1page)