げっちょ虫
 
     
 



カブトガニ

 福島港付近 で 見つけた カブトガニ 


 福島港付近 で 見つけた カブトガニ 
 

※ カブトガニとは・・・

★ カブトガニ類は、節足動物門/鋏角亜目/カブトガニ綱(剣尾類)/カブトガニ目/カブトガニ科に属し、日本、台湾、揚子江以南の中国大陸、ベドナム、フィリピン、ボルネ オ、シヤワ、スマトラ、インドのベンガル湾、北アメリカの東海岸に生息し、現存種は2属4種である。
★ カブトガニ類も他の生物と同様に、初めて地球上に出現した頃に比べると、次第にその形は変わってきたが、古生代の中頃には、すでに今のカブトガニと大変よく似たものとなっている。すなわち、今から3億年以上も前からほとんど形を変えず生き続けた生物…「生きている化石」の代表的な学術的にも貴重な生物である。
★ 九州の北部に位置する佐賀県伊万里市は、人口約6万、全国に「古伊万里」の名で知られる焼き物とフルーツの里である。その焼き物の積出港として栄えた伊万里湾は、日本でも有数のカブトガニ繁殖地である。
 特に、伊万里湾内の多々良海岸は、産卵期には目の前でカブトガニの産卵が観察することができる。また、この海岸一帯は、「伊万里市重要文化財・カブトガニ繁殖地」に指定されています。 

カブトガニで調べてみると・・・ 
こぉ~~んな風に説明書きされていた

 



 福島港 夕焼けに染まる 海 光の中  

 静かな時の流れの中
 今日と言う日が 光の滴となって
 海に溶けて行く



2011年 5月 28日(土)    & 

今日も朝から 雨 で始まり まだ売り続く 雨
雨の日 は 何もする事がなくて 退屈!
過去の写真を PCに向かい 整理してた
フッと釣りに行った時の写真にカブトガニ発見!
コレもまた 不思議な生命体! って感じ

5月 に 大型台風接近中!!
Hpを見ると・・・  コワ~イ
恵みの雨 は 欲しいけど
台風はチョット・・・
各地に被害が出ない事 を 祈るだけ・・・ 



May.28(Sat)14:50 | Trackback(0) | Comment(2) | 思い出 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: 福島港

一瞬、福島県に行かれたのこと思いました。
良く読むと伊万里湾の福島港ですね^^
カブトガニ!
3億年以上も前からほとんど形を変えず生き続けた生物とは驚きですね!
人間なんてカブトガニの歴史に比べればなんと未熟なことか^^;
どっしり悠然と構えるカブトガニに学びましょう^^

それから、2重投稿のコメントの件ですが
ぶっとびさんがおかしいということではなく
おそらく
「ページの情報を再送信しますか?」とか「更新しますか?」
というメッセージに対して
無意識に送信したのではないかと思います。


 by n_n(豆腐) | HP | May.29(Sun)18:40

 2: n_n さんへ ♪

n_n さん  こんばんわぁ~~  

スイマセ~~ン 福島違い でした ネッ
そうなんです 伊万里? 長崎? の 福島港 デス

同じ福島・・・ チョット考えさせられますネッ

もう一度 福島の海も こんな海になる事を願いたい!
でもでも 同じ 佐賀県も玄海に原発があります
九州最大級の玄海原子力発電所 デス・・・
同じような自体にならない! とは 断言出来ない
微妙なところです・・・
この先 どうなるのかなぁ~~ と・・・
そんな事を思うと 深いため息 ひとつ 

この全ての自然を破壊してしまう 原発
次の世代に渡すべくこの雄大な自然 を
今後 どうやって 守り 残して行くのか・・・ 行けるのか
私の小さな脳では・・・ 解決策なんて出せません
ひとつだけ言える事は・・・
全ての犠牲の上に成り立つ快適なら いらない!って事だけデス

Re「ページの情報を再送信しますか?」とか「更新しますか?」
  というメッセージに対して
  無意識に送信したのではないかと思います
って事は・・・? ぶっとびさんの問題ではないのでしょうか?
まぁ~~ 私は全然気にしていませんので  大丈夫!
n_n さんが 気にされていなければ 一件落着! ですネッ
  


 by バン | Jun.1(Wed)00:42


(1/1page)