げっちょ虫
 
     
 



Show by Aug/29/2006

満天の星空・・・

フッと見上げた空に 満天の星達
久し振りに 星を見たような気がします
独りの夜 そっと静かに時が流れます
今日までの日々を 振り返る・・・
怖いもの知らずで 笑い転げていた あの頃
ただ 真直ぐに突き進んでいた あの頃
たくさんの夢がありました・・・
そして どうしても叶えたいと 願っていた
私の中の たったひとつの 夢・・・
今もまだ 叶う事無く
この手のひらの中で 暖めています
時が過ぎると共に 年を重ねる度に
だんだん 笑えなくなっている 私が独り・・・
こんなはずじゃなかったのに・・・と
暗い夜の中 そっと ポツリ 呟く・・・
子供の頃 遠い空を追いかけて 走った!
何処までも 何処までも・・・
いつか 辿り着ける場所があると 信じてた
帰れる場所があると そう 信じてた
だから 何処までも 走り続けた
いつか キット 帰れる場所に
辿り着ける事だけを 信じて・・・
私は 今ココにいる 今こうして生きている
でも それが 何の為なのか 解らない・・・
自分を見失い 進むべき道を見失っている
心は深く深く 暗闇の中 落ちて行く
今は 明日笑えるだけの 気力が欲しい・・・    



Jul.29(Sat)01:14 | Trackback(1) | Comment(1) | 独り言 | Admin


(1/1page)